MENU

auの携帯料金未払いは時効になっても再契約できるか

au01

 

携帯料金を未払いのまま5年が過ぎれば時効が成立しますよね。

 

でも携帯やスマホがどうしても必要になったときに、もしかしたら前にチャラになった分払えばまた契約できるんじゃないかと思いませんか?

 

実際にauショップに話してみたり問い合わせセンターに聞いてみた結果をお教えします。

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

 

再契約できないか携帯ショップで申し込んでみた

au02

 

au携帯料金の未払いで時効にしたのは秘密にして申し込んでみたら当然のようにauの事前審査で落とされました。

 

10年近く前にこととはいえ通話料をはらわず時効にしてしまったからには分割払いはダメそうだと、本体代くらいは一括で払えるぐらいの現金を準備してたんですけど、auの本社判断でダメだと。

 

なんとかならないかとショップの方も頑張ってくれたんですがムリだそうです。

 

auのサービスセンターに電話して「時効にした未払いの携帯料金を払えば再契約できないか」と聞いても色よい返事はもらえませんでした。

 

オペレーターのお姉さんに「未払いの料金を時効にしたことあるんだけど」と言ったとたんにやる気なさそうなため息?をつかれたのはショック。

 

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

 

 

時効になった携帯料金をはらってもダメな理由

au03

 

未払いの携帯料金を時効後に払えばauは損しないでで新規契約が増えるんだからwin-winでしょって思ったんだけど、問題はそんなに簡単ではないみたいで。

 

まず携帯代金を5年も滞納した時点で携帯会社からの信用はガクッとさがります。この時点で携帯各社が審査に利用する個人信用情報に長期延滞の記録が残ります。

 

信用情報に延滞という事故情報が書き込まれると、いわゆるブラックリスト入りして事故情報(ブラック情報)が消えるまでは、auに限らず携帯各社からの新規契約は絶望的になるそう。

 

ただブラックな情報(事故情報)は5年で消えるそうなので、事故情報が消えてくれたら未払いの携帯料金を払わなくても新規の契約は可能になります。

 

他社は契約できても時効にしたauについてはムリ

au04

 

信用情報から携帯料金を時効にした事実が消えたら契約もムリではないけれど、時効にしたauから再契約するのは難しいとのこと。

 

ブラック脱出したからといって未払いの携帯料金を時効にして踏み倒した事実は消えません。

 

信用情報をみないと時効にした事実を他の携帯会社が知ることはありませんが、時効にしたauは別。

 

au社内のブラックリストに登録されているので、社内資料でブラック扱いされているのが分かったら、年収や職業などが条件を満たしていても瞬間で審査落ちさせられます。

 

携帯会社の内部資料の保存期間は決まってませんし、ブラックな顧客データをそう簡単に消すとは考えられません。

 

時効にしたauから再契約を勝ち取るのはあきらめたほうが早そうです。

 

auと契約できないときの対処法

携帯料金はスマホなどの普及で話す以外に動画をみたり、地図をしらべたりとマルチなアイテムになってきました。

 

それに伴って新規契約や再契約の審査も厳しくなっているそうで、1度社内ブラックになると信頼を取り戻すのは難しいです。

 

いまは格安スマホやプリペイドケータイも選べますので、携帯がどうしても必要なら事故情報が消えてから他の携帯会社との契約を狙ってみるべきでしょう。

 

よほどの理由がない限りauに縛られる必要もないんじゃないでしょうか。