MENU

ドコモ携帯の強制解約から時効は5年

docomo01

 

ドコモ携帯を強制解約されて5年以上過ぎていたら時効になっているかもしれませんよ。

 

せっかく手に入れた携帯も使いすぎて通話料が跳ね上がり返せなくなってしまう失敗をたまに聞きますが、メールや通話だけじゃなく動画を見たりと使いすぎてしまえば利用料金は一ヶ月でもかなりのもの。

 

ボーナスが入れば払える、来月アルバイト増やして一括で返そうなんて考えてるとズルズルと支払うのが遅れて、ドコモから強制解約の連絡がきたときはすでに手遅れ。

 

でもハッキリいって、強制解約されて使えなくなった携帯の代金なんて払いたくないですよね。

 

ドコモに限らず携帯の通話料や本体代は5年以上返済していなければ時効になります。

 

ただし注意しないといけないのが、1円も払わずに5年がすぎて時効になっていても返済義務は消えません。

 

債権者(ドコモ)に対して「支払いは起こしません」という意思表示をすることで時効は認められ返済義務が消滅。これを時効の援用と言います。

 

強制解約された携帯費用は時効援用することで払う必要ナシに。

 

あなたが駆け込むべきはdocomoショップではなく、借金問題に詳しい専門家のトコロですよ。

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

 

 

 

時効になる期間のスタート

docomo02

 

ドコモに時効援用するには利用料を最後に払ってから5年間が過ぎてないといけません。

 

時効期間を考える上で開始日になるのは携帯を強制解約された日ではなく、最後に通話料が引き落とされた日がスタート。

 

ドコモに携帯を強制解約されてから催告されて1円でも支払ってたら時効期間は再スタートされてまた5年過ぎるのを待たないといけません。

 

さらにdocomoショップやサービスセンターで返済のことを相談していただけで時効が中断されているかもしれません。

 

人の記憶って忘れていたり自分に都合よく覚えていたりとあいまいなものなので、時効援用に詳しい弁護士や司法書士にアドバイスしてもらうのが時効援用を成功させるコツ。

 

時効にできる確信がなければ専門家の力を借りればいいんです。

 

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

 

 

時効にしないで利用料を払えばまたドコモと契約できる?

docomo03

 

強制解約された携帯を時効にしなければまたドコモと契約できるかといえば絶望的だと考えましょう。

 

ドコモからしたら回収できるお金は取り戻したいので、「利用料を払っていただければ最善を尽くすことはできますが」なんて答えるかもしれませんが、ショップ店員に新規契約についての権限はありません。

 

お金を用意して滞納分の請求通りに払っても、「本社の判断で審査通りませんでした」と言われてしまえばそれで終わり。

 

たぶん、あなたのためにショップ店員は頑張ってくれたかもしれないですね。たとえ結果が変わらないとわかっていたとしても。

 

docomoをふくめ携帯キャリア会社は契約者の情報に関して厳密に対応するとしてますから、docomo内部で強制解約した記録が残っていたらほぼアウトだと思っておくべきです。

 

最後に

docomo04

 

一旦強制解約されてしまうとドコモ携帯を再び所持するというのは難しい。

 

ならばヘタに返済に頑張るよりも時効にして、他社の携帯やスマホの購入代金にあててしまうのは手ではないかなって個人的には思ってます。

 

滞納したのは自分だからと責任をとる姿勢も大事ですが、多少の不便はあるけれどプリペイド携帯を使うなんて方法もありますからドコモ以外にも目を向けてみてはいかがでしょう。